信用金庫電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針について

2018年02月26日 トピックス

 当金庫では、平成29年6月2日に公布された銀行法等(信金法含む)の一部改正により、「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」を策定いたしましたので公表いたします。

※ 電子決済等代行業者とは
 銀行法等の一部を改正する法律(平成二十九年六月二日公布)による改正後の銀行法第二条第十八項に定める事業者であり、金融機関と顧客との間に立ち、ITを活用した決済関連のサービスを行うフィンテック企業を言います。
 
「信用金庫電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」はこちら

<<「信用金庫電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針」における語句について>>

※ API(Application Programming Interface)とは
 アプリケーションの機能や管理するデータ等を他のアプリケーションから呼び出して利用するための接続仕様等を言い、他の企業等からアクセス可能なAPIをオープンAPIと言います。
 なお、「参照系API」とは、残高照会や入出金明細照会、「更新系API」は振込が可能な接続仕様等になります。

以上