2006年度 利用者の声を踏まえて経営改善を行った項目等

2006年度 利用者の声を踏まえて経営改善を行った項目等

当金庫は、お客さまへのよりよいサービスの実現を目指して、2007年2月に「お客さまが当金庫に何を期待し、何を望んでいるか」の11項目についてアンケート調査を実施いたしました。アンケート調査は、平成17年11月の実施に続き、2回目となります。
700名のお客さまにアンケートをお願いしたところ554名(回答率79.1%)から回答をいただきました。内訳としては、男性40.8%、女性53.6%、無回答5.6%となり、年齢層は20歳代が46名、30歳代が95名、40歳代が104名、50歳代が128名、60歳代が98名、70歳以上が69名、無回答が14名となりました。また職業別では経営者が87名、会社員が225名、個人事業主が36名、専業主婦が70名、その他が102名、無回答が34名となっています。
アンケートの結果は、概ね当金庫に対しては好意的なお客さまが多いものの、貴重な意見、要望も寄せられています。

当金庫は、2005年度に実施したアンケート調査及び今回実施したアンケート調査においてのお客さまからのご意見・要望等を踏まえ、平成18年度中において以下の取組みを実行するとともに、平成19年度においても積極的に対応して参ります。

[2006年度中の取組み]

○第2回「お客さま満足度アンケート調査」の実施。
○「お客さま満足度アンケート調査」結果について真摯に受止め、改めて「お客さまが当金庫に何を期待し、何を望んでいるか」を考えるため、職場内会議を実施し現状の把握に努めた。
○地域経済の活性化に資することを目的として<融資制度>地域活性化まちづくりファンド「今がチャンス!!」を制度化。
○住宅ローン「わが家」について、新たに随時変動金利型を加え、商品内容の一部を見直し。
○より一層お客さまの利便性向上に資するため、南支店の店内リニューアルを実施。
○外部講師によるCSリーダー研修等を実施。

[2007年度の取組予定]

『「お客さま満足度アンケート調査」結果に基づき』
○住宅ローン「わが家」について、2007年度においても商品内容の一部を見直し、新たに5年固定金利期間特約型を加え、随時変動金利型、10年固定金利期間特約型の3タイプとすることを検討。また、優遇金利適用条件に係るポイント制の導入も同時に検討。
○より一層お客さまの利便性向上に資するため、平成19年秋頃を目処に本店営業部の店内リニューアルの実施を検討。
○外部講師によるCSリーダー研修等を計画。
○稚内市にオープンする大型モール「稚内副港市場」に店外ATMの設置を検討。
○ATM手数料について、当金庫のキャッシュカードで当金庫のATMを利用されるお客さまに限り、平日・土日祝日の終日にわたり、ATM手数料の無料化を検討。
○当金庫のキャッシュカードおよびインターネットバンキングを利用した同一店舗内へ向けた振込における振込手数料の無料化を検討。
当金庫は、平成19年度においても、利用者の視点に立った業務を進めて参ります。

以上