平成24年4月〜平成25年3月

平成24年4月~平成25年3月

平成25年7月

当金庫は、創立以来「地域との共存共栄」を標榜し、経営理念である「信条」のもと、今後も地域や住民にとってなくてはならない「地元の金融機関」であり続けることを目的に、日常的・継続的な相談・支援および関係強化を図っておりますが、平成24年度は以下の項目に重点を置き、地域密着型金融推進に取り組んで参りました。

1.顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮
(1)ライフステージ等に応じた取引先企業の支援
創業・新事業開拓を目指す企業への支援については、創業・新事業開拓に係る相談や事業計画作成に向けたサポートを行うとともに、当金庫制度融資等による創業・新事業資金の支援を実施しております。
成長段階における更なる飛躍が見込まれる企業への支援については、信用金庫間のネットワークを活用し、『さわやか物産展』(さわやか信用金庫主催)および『駅マルシェ』(旭川信用金庫・JR北海道旭川支社・旭川ターミナルビル(株)共催)等への出展斡旋により、ビジネスマッチングを活用した販路拡大等の支援を実施しております。
加えて、不動産担保や第三者保証に依存しない当金庫制度融資による支援も実施しております。
経営改善が必要な企業への支援については、顧客企業自身の課題認識を深めていただき自主的な取組みを促すことに加え、事業改善計画書作成のサポートを実施しています。その内9先につきましては、経営改善指導支援強化先として指導・支援を特に強化しております。
この他、外部機関とも連携し、経営改善支援に係る専門家派遣を実施しております。
事業再生や業種転換が必要な企業への支援については、抜本的解決に向けた相談・指導を実施するとともに、貸付条件の変更等に積極的に対応しております。
事業承継が必要な企業への支援については、外部機関と提携した個別相談会を実施しております。
(2)コンサルティング機能の強化
日常的・継続的な業務活動の中において顧客企業の経営目標や課題の把握・分析・相談能力を強化するため、日常的関係の強化継続に加えて、目利き能力、コンサルティング能力向上に向けた研修への職員の派遣および企業の定量情報や定性情報の分析力を高める研修、勉強会を実施しております。
2.地域の面的再生への積極的な参画
信用金庫間のネットワークを活用した顧客組織のツアー交流事業、地元商店街および観光協会と連携した地域活性化事業へ参画等、地域社会の一員として日常的・継続的に諸団体への参加協力を実施しておりますが、特に地域経済の活性化については、地域金融機関としての負託に答えるため地域各種経済団体等と連携し、各種事業活動に積極的に参画しております。
3.地域や利用者に対する積極的な情報発信
ホームページやディスクロージャー誌を利用し、地域や利用者に対して地域密着型金融に係る取組に関する情報を積極的に発信しております。

以上の結果、地域密着型金融の取組は概ね順調に進捗したと評価していますが、今後も地域金融機関としての責務を果たすため、役職員一丸となって経営努力を重ねて参る所存でございます。

以上

平成25年7月1日

「地域密着型金融推進計画」進捗状況一覧 (平成24年4月~平成25年3月) 42.1KB
経営改善支援等の取組み実績 (平成24年4月~平成25年3月) 53.6KB