平成22年4月〜平成23年3月

平成22年4月〜平成23年3月

平成23年6月15日

当金庫は、経営の健全性、安定性を高める中、更なる強靭な経営体質を維持・向上させ、そして地域住民にとってなくてはならない「地元の金融機関」であり続けるため、地域密着型金融の推進を図っています。22年度も引き続き地域密着型金融の確立にむけて、以下の取組みを実施して参りました。
創業・新事業支援については、起業家並びに新たなる事業展開や異なる業種への転換を検討する意欲的な企業及び個人に対して、資金面での支援を通じて地域経済の活性化に資するため、地域活性化まちづくりファンド「今がチャンス!!」を推進し、22年度は41件、888百万円の実績となりました。
取引先企業等の経営改善支援については、取引先企業等の持続的な発展を図るため、幅広く事業改善計画書作成支援等を行っております。22年度はその内8先について、財務内容等の健全化に向けた指導・支援を特に強化し、これを継続しています。
担保・保証に過度に依存しない融資等への取組みについては、中小企業対策の充実と、地域経済の活性化を図るため、稚内商工会議所や各地の商工会と提携した融資制度のビジネスサポート「飛躍」を推進し、22年度は89件、397百万円の実績となりました。
地域活性化につながる多様なサービスの提供については、当金庫が定期的に実施している「お客さまアンケート」によりお客さまから寄せられたご意見等を真摯に受けとめ、融資商品『住宅ローン「わが家」』および各種個人ローンの商品を改定し、また要望が高かった「暮らし・健康」に関するセミナーとして、先進医療セミナーを実施いたしました。
 さらに信用金庫間のネットワークを活用した地域活性化への貢献として、『「のと共栄信用金庫」と連携したチャーター便によるツアー交流事業の実施』、『「さわやか信用金庫」主催さわやか物産展へ当金庫取引先が出展し北海道の特産品をPR』、『「しずおか信用金庫」と連携して両地域の地場産品をノベルティーなどに活用』を実施いたしました。  以上のような取組みを行った結果、地域密着型金融の確立のための諸施策は概ね順調に進捗したと評価していますが、今後も地域金融機関としての責務を果たすため、役職員一丸となって経営努力を重ねて参る所存でございます。

以上

平成23年6月15日

「地域密着型金融推進計画」進捗状況一覧(平成22年4月〜平成23年3月) 137.6KB
経営改善支援等の取組み実績(平成22年4月〜平成23年3月) 52.3KB
公表数値目標の達成状況(平成23年3月末) 41.4KB